ニュース噂のネタTop >  政治:経営 >  フランスルノー社に対するカルロスの見解

フランスルノー社に対するカルロスの見解

 カルロス・ゴーンといえば、日産の経営を見事立て直したとして、
日本では広く知られている人物。

 

カルロス・ゴーンは、1978年にフランスの大手タイヤ製造会社の
ミシュラン社に入社し、その後、ブラジル・ミシュランの社長や
北アメリカ・ミシュラン子会社の会長、社長、
経営最高責任者(最高経営責任者CEO)を歴任。

 

ユニロイヤル部門の再建を成功させた事なども評価されています。

 

その後、1996年にフランスの大手自動車製造会社である
ルノー上級副社長を務めています。

 

ルノーでは、不採算事業所の閉鎖や調達先の集約などで
経費の圧縮を進め、赤字だったルノーは数年で黒字に転換させた。

 

このような経歴、実績からカルロス・ゴーンは、
「コストカッター」 「コストキラー」 の異名がつけられています。

 

そのカルロス・ゴーンが次のように見解を示したそうです。

 

フランス自動車メーカー、ルノーの
カルロス・ゴーン社長兼最高経営責任者(CEO、日産自動車社長兼務)は、
26日、ルノーの2009年の自動車販売について、
現状から80万台増の330万台以上としている目標の達成が、
世界経済の減速により、より厳しくなる。

 

新興国市場での伸びは2007年より低くなる見通しだと指摘。

 

ゴーン社長は「今年は、米国、欧州、日本で減少する一方、
その他の市場では伸びがみられるだろう。」

 

「目標を脅かしているとは思わないが、達成は厳しくなる」と語るも
営業利益率については、今年も上昇する見込みで、懸念はしていないとした。

 

今までの実績もあることから、カルロス・ゴーンの手腕に注目を集めるのでは。

 

 

 

ニュース噂のネタトップへ

政治:経営

政治、経営にまつわる情報、話題を紹介

関連エントリー

大阪府知事選橋下氏当選

フランスルノー社に対するカルロスの見解

アメリカ大統領選混戦模様


スイカ?
ニュース噂のネタRSS
ニュース噂のネタLinks
ニュース噂のネタタグ
  • seo